MENU

盗聴電波・最低でもこの範囲の周波数は要チェック

 

盗聴されているか、ご自身でチェックされる場合、最低でも下記の周波数は確認しておきましょう。

 

 

 

339.030MHz
339.450MHz
350.012MHz
361.825MHz
388.800MHz
380.357MHz
390.640MHz
396.430MHz
396.440MHz
396.820MHz
397.240MHz
397.250MHz
397.585MHz
398.010MHz
398.030MHz
398.050MHz
398.110MHz
398.215MHz
398.310MHz
398.460MHz
398.600MHz
398.605MHz
398.640MHz
398.645MHz
398.650MHz
399.025MHz
399.030MHz
399.200MHz
399.212MHz
399.237MHz
399.237MHz
399.275MHz
399.287MHz
399.430MHz
399.450MHz
399.455MHz
399.575MHz
399.605MHz
399.615MHz
399.640MHz
399.750MHz
399.910MHz
399.990MHz
400.000MHz
410.110MHz
442.900MHz
500.500MHz

 

110.150MHz
124.090MHz
134.000MHz
134.900MHz
135.038MHz
137.870MHz
139.000MHz
139.450MHz
139.600MHz
139.940MHz
139.960MHz
139.970MHz
139.980MHz
140.000MHz
140.450MHz
141.000MHz
145.050MHz
141.100MHz
149.000MHz
149.450MHz
149.895MHz
154.000MHz
154.585MHz

 

ご自身で調べることも可能ですが、受信機を購入したり正しい調査方法で行っているか不安な場合は、やはりプロに依頼された方が安心です。
いろんなアドバイスもさせていただいているので、初めての方にはオススメしています。

 

 

 

フリーダイヤル

盗聴,周波数

電話番号を通知してお電話ください。非通知・公衆電話ではつながりません