MENU

協議離婚で失敗しない方法

協議離婚とは、要するに離婚というものの中においてひときわ多く用いられています。

 

つまり協議して離婚するので協議離婚という事で、穏便な離婚方法です。

 

話し合いによって離婚する事を決定するのが協議離婚であって基本的に夫婦を除いた第三者が首を突っ込む事はありません。

 

勿論離婚などは考えられない状況が望まれており、協議離婚についても行われない事がベストです。

 

そうであっても夫婦関係が何かしらの原因で修復が不可能となった時点で、まずは協議離婚の道を見つけ出していく必要があります。

 

協議離婚という言葉を使うと、何かしら特別な手続きが要される難しい手続きと考えられるかもしれませんね。

 

実際のところ簡単な手順だけで済むので、それほど難しく考えてみる必要はありません。

 

あくまでも離婚の手段の1つで協議離婚は分かり易いという事なので、深く考えることなしに慎重に行動したいです。

 

協議離婚はその人、このようなケースでは夫婦が2人同時に離婚について話し合って一つの結論を導き出します。

 

離婚トラブルの一つなので、この時に可能であれば離婚協議書を作成しておきたいです。

 

離婚協議書の主な役割は、協議離婚の話し合いで決定した事を文書にしてひとまとめにしておく事です。

 

通常は公証人役場の公証人に作成してもらうので、協議離婚に対しての離婚協議書の内容から作成してもらいます。

 

弁護士や行政書士などの専門家に公正証書の作成を依頼すれば、多少の手数料と引き換えに協議離婚を円滑に進められるでしょう。

 

でも離婚協議書には法的効力が認められないため、協議離婚を続けていく上では別途公的文書の用意をしたいです。

 

穏やかな離婚というよりは、他の離婚方法が協議離婚に対して性質が異なってくるため相対的な話です。

 

協議離婚は、基本的には夫婦間でのみ完結できる離婚方法ですが掘り下げてみると幾つもの要素があり得ます。




関連ページ

協議離婚の進め方
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と裁判所
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の手続き
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と弁護士
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と子供
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と調停離婚
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の証人
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と和解
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の無効確認
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。