MENU

協議離婚と弁護士

離婚を行なうだけなら、夫妻のお互いが離婚届に必要事項を記載して印鑑を押して役場に提出すれば終了します。

 

そうならないために公正証書が重要となり、協議離婚を行なう上で何か手違いが起きないために弁護士に手助けしてもらう方法があります。

 

というよりも、それら条件を夫妻の間の協議によって確定させる行為を協議離婚といって良いかもしれません。

 

協議離婚で話し合いができる弁護士などの情報は、インターネットブログやWEB上からも確認することができます。

 

ここまで行くと離婚にかかる手間暇はかなりのものとなるので、可能だとしたら協議離婚の段階で解決を目標としたいところです。

 

一筋縄でいかないほどではありませんが、協議離婚に是非ともあればいい公正証書を作成する上で手こずるかもしれません。

 

公正証書とは法律的な効力を持つものであり、協議離婚が原因となって決まった事を有無を言わさずに守らせるためのものでもあります。

 

この事前準備を弁護士に依頼する事で、煩わしい協議離婚の手間暇を省いてしまいましょう。

 

しかし現実的には、財産の取り扱いや小さな子がいれば親権、養育費まで協議離婚を終了する前に決定しておかなければならない事がたくさんあります。

 

弁護士といえば法律のプロフェッショナルなので、もちろん協議離婚に関する問題にも対応してくれます。

 

現実に公正証書を作成するのは公証人と呼称される人ですが、事前準備が必要となります。

 

ここから更にこじれて裁判離婚に発展する事もあり得ます。

 

こうなってしまうともう協議離婚のように夫婦間でのみ解決を目指すことは不可能で、調停委員が間に入る事になります。

 

協議離婚は、簡単に言うと離婚の第一段階という事になります。

 

協議離婚の良い点は、やはり何と言っても手っ取り早く実行できる点にあるでしょう。

 

その名の通り協議した上での離婚となるので、実は協議離婚が離婚の中で一番多く取り入れられている方法です。




関連ページ

協議離婚で失敗しない方法
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の進め方
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と裁判所
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の手続き
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と子供
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と調停離婚
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の証人
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と和解
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の無効確認
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。