MENU

協議離婚と裁判所

変わった事情がない限り協議離婚であっても離婚が望ましい事はありません。

 

しかし、協議離婚が考えられるという事は少なくとも離婚に関して良い方向性だと思われます。

 

協議離婚は複数ある離婚方法の中で、一番ベーシックだと呼べるもので特にめんどうな事はありません。

 

裁判所に顔を出したり誰かを間に立たせて意見をもらったりという事はなく、あくまで協議離婚は夫婦二人の意思疎通によって行われます。

 

協議離婚の段階で離婚へ対する話し合いがうまく行っているなら、家庭裁判所も調停委員も必要ありません。

 

もし協議離婚が成立しそうにない状況でも調停離婚、裁判離婚に移行する上で行動が早くなります。

 

協議離婚で協議している時に双方の了解が得られない場合、いずれかが家庭裁判所に離婚調停を申請します。

 

家庭裁判所に場は移行しますが、現実的に裁判形式で開かれる訳ではありません。

 

そうなった時、協議離婚では想定できない家庭裁判所でどういったことをするのかという事も把握しておくと賢明でしょう。

 

そして、この公正証書を作るにあたって離婚協議書を作成していれば協議離婚がスピーディーに行われるでしょう。

 

何もしないと協議離婚に全く意味がなくなってしまうため、ほぼすべての場合は離婚協議書や公正証書を準備するものです。

 

協議離婚そのものを成り立たせるだけなら、離婚届以外に必要となる物はありませんが基本として離婚協議書などを用意します。

 

協議離婚に対して、予定があるならあれこれと準備を進めておきましょう。

 

裁判所が出てくるのは基本的に協議離婚に失敗した時です。

 

この段階で話がまとまらなかった状況、協議離婚から調停離婚へと切り替わっていく事になります。




関連ページ

協議離婚で失敗しない方法
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の進め方
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の手続き
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と弁護士
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と子供
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と調停離婚
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の証人
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と和解
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の無効確認
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。