MENU

協議離婚と調停離婚

協議離婚は、その名が示す通り協議して離婚へと向かっていくものです。

 

流れだけを確認すれば大丈夫だろううに思われるかもしれませんが、この協議離婚には大きな落とし穴があります。

 

まず、協議した内容を公的な記録として残さなければ法的な効力を携えていない協議離婚となってしまいます。

 

もちろん誓約を守っていればよいのですが、協議離婚時にルールが曖昧になっていると後になってトラブルを引き起こし易いんです。

 

このトラブルを前もって回避するために、協議離婚の全容を離婚協議書にして公正証書という形にする必要性が出てきます。

 

協議離婚は日本における離婚のほとんどが該当するものなので、名称や意図を把握しているかどうかはともかく認知度はとても高いと言えます。

 

調停離婚は協議離婚とは異なって、2人だけで全部の問題を解決という訳にはいかないのです。

 

協議離婚で離婚に関する決まり事がまとまらなかった場合、そのままでは先に進まないため調停離婚へと移行します。

 

これは家庭裁判で行われ、以降は調停離婚の場所が裁判所へと移っていきます。

 

協議離婚が良いとされる要因は明確になっており、余計な時間が掛からないという一言に尽きるでしょう。

 

俗にいう離婚協議書と称されるもので、協議離婚で決めた内容をひとまとめにしておくものです。

 

お金の件など条件を決定した後は、離婚届を提出して離婚が成立します。

 

協議する際に誰も関わらないのが協議離婚の特徴になるので、夫婦間で離婚の条件を突き詰めていきます。

 

協議離婚は単なる話し合いで済むのに対し、調停離婚の場合だと調停委員会を開いて擦り合わせが行われる事になります。




関連ページ

協議離婚で失敗しない方法
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の進め方
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と裁判所
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の手続き
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と弁護士
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と子供
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の証人
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と和解
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の無効確認
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。