MENU

協議離婚の証人

特別な責任や義務を負うわけでもなく、証人となり得た事も当人か協議離婚の当事者が口外しない限り第三者に気付かれる事はありません。

 

協議離婚に限らず離婚には段階的な手段が存在しており、それぞれの時点で離婚が簡単に進まない際には次へと移行していきます。

 

裁判離婚を決めるにしても、まずは協議離婚での解決ができるかできないかを試すのが普通です。

 

夫婦の交渉によって離婚後に発生する諸問題を整理しておくのが協議離婚の意図なので、基本的に誰かが介入する事はありません。

 

協議離婚というのは、何よりも基本的な離婚方法だと思われます。

 

用意しなくても離婚は可能ですが、協議離婚の成立後になって金銭がらみの問題を起こすのは必至でしょう。

 

ところで、協議離婚にも当たり前ですが離婚届が必要となります。

 

離婚をする以上、協議離婚、裁判離婚に関わらず離婚届は必要なものです。

 

作成には第三者が関与してきます。

 

世間には協議離婚のために証人を代行してくれる業者もあり、スムーズに作業を進める事ができます。

 

いくら協議離婚だからと言っても、一度は結婚した相手と離婚するという事で証人を親しい人に頼みにくいという方はかなり多く見られます。

 

しかし証人がいなければ協議離婚等の離婚は終了させることができないため、何とかして準備したいところです。

 

証人と呼ばれる人の存在で、この点に関しては夫婦以外の存在が必須条件です。

 

証人という言葉から身構えてしまいそうなところですが、要は協議離婚について当該夫婦が認めている事を証明するための存在です。




関連ページ

協議離婚で失敗しない方法
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の進め方
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と裁判所
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の手続き
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と弁護士
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と子供
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と調停離婚
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と和解
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の無効確認
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。