MENU

協議離婚の進め方

協議離婚以外では調停離婚と裁判離婚があります。

 

おのおの段階的なものと認識しておけば良いでしょう。

 

協議離婚の進め方に是非とも付け足したい存在が公証人と称される存在で、勤めは公正証書を作ってもらいます。

 

協議離婚は夫妻の間の話し合いに従って最終結論を導き出すものであるため、それほど負担が少ない方法と言えるでしょう。

 

第三者の関わる調停離婚や裁判離婚は、何としても負荷が加わってしまいます。

 

もちろん一番よい方法は、協議離婚も必要とすることなく夫婦関係が継続される事なのは疑いの余地がありません。

 

としても、大抵の場合裁判離婚まで進む事はなくほぼすべての離婚は協議離婚で解決すると言われています。

 

協議離婚の進め方はとっても簡単で、特に他人が間に入って何かをするという事がありません。

 

離婚のためにいろんな労力を費やすことに繋がるため、できることなら協議離婚で終えておきたいです。

 

二人で決心した離婚といっても、語り合って決めただけでは法的な効力を持たず協議離婚後のゴタゴタは目に見えています。

 

そのゴタゴタを回避することに必要なのが、協議離婚の進め方に必要不可欠な公証人という存在です。

 

最初に協議離婚を試みて、そこで結果が出なければ調停離婚に切り替わって最後に裁判離婚という流れです。

 

協議離婚は原則的に二人の同意の上に約束を決定づけるので、進め方が簡単でも手を抜くわけにはいかないのです。

 

離婚そのものは離婚届にサインをしてハンコを押して役所に提出すれば終了しますが、それは協議離婚とは言わないです。

 

もちろん、協議離婚の進め方に則り徐々に条件を消化していっても気が変わり離婚そのものを解消する事もあります。

 

離婚しないという考えは、場合による問題ですが大抵は適切な結論です。




関連ページ

協議離婚で失敗しない方法
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と裁判所
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の手続き
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と弁護士
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と子供
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と調停離婚
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の証人
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚と和解
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。
協議離婚の無効確認
協議離婚は、離婚を考えている夫婦のなかで一番多く用いられている手段です。ここでは、協議離婚で不利にならないよう的確なアドバイスをしています。