離婚をしたいのにできなかったので後悔

悩む女性
私が後悔をしているのは、元旦那となかなか離婚をすることができなかった事です。

 

元旦那は、仕事もしっかりしているし周りの人達から見ると申し分のない地位でした。

 

しかし結婚生活はと言うと、とても苦しかったのです。

 

その苦しかったというのは、彼が浮気をしていたことです。

 

その浮気をしているのは、結婚をして一年目の時でした。

 

お見合いで結婚をしているので、そんな人と思わなかったのです。

 

しかし相手の女性から、何度も離婚をして欲しいと言う電話があったりして浮気をしていることは確実でした。

 

しかしそのことを彼が認めなかったのです。

 

それからは、仮面夫婦のようになっていました。

 

離婚をしたほうがずっといいと思ったのに、どうしてしてくれないんだろうとそんな気持ちに押しつぶされそうでした。

 

子供を作らないのも、とても嫌だったんですね。

 

そのことも結婚前の付き合いが浅かったのでそんな風に考えているなんて全く知りませんでした。

 

私は子供が欲しい、彼は嫌がっている、浮気をしている、そのことについて本当に辛かったのです。

 

しかしその事を、両親にも相談できなかったし友人にも話すことができませんでした。

 

すごい人と結婚をしたねと、祝福されていたからです。

 

しかし心の中は、辛くてたまらなかったのです。

 

そしてその辛い思いを抱えて、離婚をしてくれなかったので5年も経過していました。

 

何度も離婚をして欲しいと伝えていたので、彼の方がやっと了承してくれたのは結婚6年目でした。

 

その時は、バラ色の気持ちになりましたね。

 

その私の様子をみて、両親もとても納得をしてくれました。

 

今思うと、そんなに長く悩んでいたことがとてももったいないと思っています。

 

その時、いろいろなところに相談に行っていたらこんなに長く辛い思いをすることもなかったのです。

 

弁護士さんに相談したかったです。

 

しかしその勇気がなかったんですね。

 

秘密厳守してくれると分かり、もっと早く相談をしたかったととても後悔しています。