MENU

浮気の慰謝料と相場

結婚関係にある方が配偶者がもしも浮気をしてしまった際には、条件や状態次第で慰謝料を請求できる可能性は十分にあります。

 

男性側に求めることが多い傾向にありますが、浮気の場合はそれまでの過程を見て決められることも多く、例えば旦那が浮気をしたという事実でも、相手側の女性が積極的にアプローチしてきた際には、女性側に慰謝料を請求することも決して不可能ではありません。

 

どのような状態でも浮気で慰謝料を求めるには、それなりの相場というものはあります。

 

夫婦間で話し合いをして、離婚に至らなかったと仮定すると、数十万円から100万円程度と判断できます。

 

一方で浮気が原因となり離婚に至ってしまった場合では、100万円から300万円の相場になります。

 

この時点で200万円もの差額が生じていることになりますが、そこには浮気調査に掛かった費用や、引越しや転職を余儀なくされた際の内容、お子さんがいるご家庭では、その状態なども計算されることが多々あります。

 

注意が必要になることは慰謝料は逸失利益を含まないことが多いようです。

 

基準に入る内容では婚姻期間やその期間の夫婦間の関係、交際期間や不貞行為の回数、相手側に費やしてしまったお金なども鑑みることが多く、内容次第では相場以下、逆に500万円程度の慰謝料の請求ができる場合もあります。