MENU

浮気の時効

浮気にも時効というものがあり、浮気事実を知った時点から3年以内に慰謝料の請求をするという事が必要です。

 

これは慰謝料の請求が出来る期限ということですから、これが時効というように考えていいでしょう。

 

3年はかなり短いというように感じる人もいるかもしれませんが、精神的な痛みがあったとしてもこれぐらいで癒されるというように考えられているのかもしれません。

 

また、浮気の不貞行為があった時からは20年という期間もあるので、これについても注意をしておきましょう。

 

上記の3年というのは、事実を知った時からという期間で、実際の不貞行為があった時期とは違う考え方になっているという事です。

 

ですから、不貞行為が10年以上前にあったという事を最近知ったというような場合でも、これは慰謝料の請求を知ることが出来るという事になります。

 

知らなければ慰謝料の請求をすることも出来ませんから、この知った時という時期と不貞行為が実際に行われていた時期というものが、この慰謝料の請求については重要になるという事が分かります。

 

このことから、かなり前に行われていた不貞行為であったとしても、慰謝料の請求は出来るという事が言えるのかもしれません。