MENU

どこからが不貞行為?

不貞行為とは、夫婦のどちらかが配偶者以外の異性と肉体関係を持つこととされています。

 

そのため肉体関係のない浮気は不貞行為にはなりません。

 

プラトニックな関係だとこういった行為には入らないということです。

 

不貞行為として認められるのは、あくまでも肉体関係や性的関係を配偶者以外の異性と持った事実がある場合です。

 

また、ラブホテルに入って相当な時間出てこなければ、そう確認できるに至る十分は状況となるので不貞行為として考えられています。

 

ラブホテルは世間一般では、セックスをする目的で使う場所と認識されているからです。

 

肉体関係がなければ不貞行為とは言わないので、たとえデートをしていたりキスをしていたりしてもそれは不貞行為にはならないです。

 

回数は関係なく、一回でも自分のパートナーが自分以外の異性と肉体関係を持ったら不貞行為にあたるので慰謝料を請求することが可能になります。

 

もしも自分のパートナーに怪しい部分があるという場合には、迷うことなく弁護士などの士業に相談をするべきです。

 

証拠の集め方とか慰謝料の目安もアドバイスしてもらえますし、自分では入手できない証拠を入手できることもあります。

 

また自分で請求するよりも相手が支払いに応じやすいというメリットもあります。