MENU

財産分与

財産分与とは結婚生活中に夫婦二人で協力して築き上げた財産を離婚の際に分配することで、大きく分けると3つの種類があります。

 

最も多いのが生産的財産分与です。結婚している間に築いた財産は、名義にかかわらず夫婦二人で協力したものなので離婚の際には公平に分配しようという考え方です。

 

扶養的財産分与は離婚をした場合に片方が生活に困ってしまう場合に生計を補うために財産を分与することを言います。

 

例えば、片方が病気を患っていたり経済力が乏しい主婦だったり高齢者だったりする場合に認められ経済的に立場の強い方が弱い方に対して一定額を定期的に支払うのが一般的です。

 

男性から女性に支払うことが多かったのですが、最近は女性が結婚や出産しても働き続けることが多くなってきたため必要としないケースが増えてきています。

 

慰謝料的財産分与という考え方もあり、通常の慰謝料は金銭を支払うのに対し慰謝料的財産分与は金銭以外の財産を慰謝料として扱うというものです。

 

ニュースで慰謝料を何億円も支払ったと報じることがありますが、ほとんどの場合は金銭以外の財産を渡している場合がほとんどです。

 

財産分与について細かい話をしないまま急いで離婚をすると、本来もらえるはずの財産をもらわないまま別れてしまうので注意が必要です。