MENU

親権

親権とは未成年の子供を監護・養育し、その財産を管理する権利のことを指しています。

 

財産管理権や居所指定権、懲戒権など様々なものがあり、それぞれ子供の利益を守り保護するために行使する事が可能な権利となっています。

 

子供の父母が婚姻関係にある場合、親権は両親が共同して行使するという形です。

 

父親と母親が離婚をすると、共同で権利を行使することが難しくなるため、親権は片方の親に定められることになるのが一般的となっています。

 

父母が離婚をする場合、親権は協議や調停、あるいは裁判によって権利の帰属が定められることになります。

 

協議離婚では父母本人による話し合いによって親権の帰属が決められます。

 

調停では裁判官を挟んだ話し合いが行われますが、ここで合意が行われなかった場合、離婚裁判へと移行することになります。

 

離婚裁判においては、父母のどちら側に親権が帰属するかを裁判官が決定します。

 

判断材料として保護者に当たる人物の健康状態や経済状況、居住環境などが挙げられるでしょう。

 

また子供が15歳以上である場合には、本人の意思が尊重されます。

 

日本の場合、子が15歳以下のケースについては母親側に真剣が帰属することが多い傾向です。