MENU

個人情報保護法

個人情報保護法というと、大手企業のイメージがありますが2005年に改正されたため、多くの人に関係のある法律になっています。

 

個人情報には色々なものがありますが、マイナンバーやパスポートの旅券番号なども重要な個人情報にカテゴライズされるのが特徴です。

 

これまでは、大人数が勤務する大企業に適用されて中小企業には特例がありましたが、改正のタイミングでそれもなくなりました。

 

誰もがインターネット端末に気軽にアクセスできる用の中になり、個人情報が氾濫する世の中になったためよりしっかりとした対策が必要となっています。

 

個人情報保護法が施工されることにより、個人の重要な様々な情報が守られることになりますし、ビッグデータを安全に活用することが出来る世の中になることの期待されているのが実態です。

 

個人情報保護法によって個人の権利が侵害されることを防ぎ、なおかつそれらのデータを上手に活用することでより円滑に生活を送ることが出来るようになります。

 

法の改正後は、個人情報保護委員会が企業を監督するようになっていますので、改正前に比べてより公正な管理ができるようになったのも特徴です。

 

情報の保護と同時に活用できるのが、この法律となっています。