MENU

浮気相手に内容証明

浮気の証拠が確実にある場合、弁護士に相談して、不貞行為をやめさせるために相手を訴える手段もあります。

 

しかし弁護士に依頼する前に、ご自身で出来る事もあります。

 

それは、ご自身で相手に内容証明を送るつけることです。

 

内容証明を送る事で、男女関係であることを知っており、損害賠償を求める覚悟があることを伝えます。

 

相手も事の重大さに驚いて、不貞行為を解消する場合も多いようです。

 

時間があるのであれば、証拠の書類を持参して弁護士事務所に相談に行きましょう。

 

初回30分無料など、費用の掛からない弁護士事務所も多くあります。

 

→ 弁護士事務所一覧

 

 

 

一般的な通知書の書き方は下記のような内容になります。

 

 

通知書

 

冠省

 

私は、貴方が交際中の●●● ●●の妻です。

 

貴方は私の夫に妻や子供がいることを知りながら、継続的に夫と密会を繰り返し、不倫関係を続けています。

 

そのために平穏で円満だった夫婦関係の維持が困難となってきています。

 

今後、夫と絶対に会わないよう強く要求すると共に、貴方の不貞行為によ って私共が被った精神的損害の賠償金として金●●●万円を請求します。

 

本書到達後、7日以内に賠償金の支払い方法を連絡して下さい。
(連絡先:●●●−●●●−●●●●)

 

期限までに連絡がない場合、法的手段にて解決を図ることになりますので、ご承知おき下さい。

 

草々

令和●● 年 ●月 ● 日

 

 

 

精神的損害の賠償金の請求額は、200万円〜300万円が多いようです。