MENU

ストーカー規制法

ストーカー行為は単なる迷惑行為ではなく法律で禁じられています。

 

具体的には、ストーカー規制法によってどのような行為が該当するのか定められており、それに該当すると内容に応じた処置がとられます。

 

被害者の安全を目的としたもので、悪質とみなされた場合は刑罰を科すことも少なくありません。

 

ストーカー行為

 

ストーカー行為の代表といえるのは、つきまといや待ちぶせです。

 

職場や自宅を訪れたり周囲を歩き回ることなども当てはまります。

 

相手を監視して、あえてそれを気付かせることもストーカー行為です。

 

服装や振舞いなどをSNSなどで知らせるといったパターンがあります。

 

相手が望んでいないのに、無理やり会おうとすることも該当します。

 

別れた元恋人に復縁を強引に要求したり、プレゼントを受け取らせようとしたりするケースも同様です。

 

さらに、脅すような乱暴な言動もストーカー行為に属します。

 

例としては、家の前でどなることや過激な発言を繰り返すことが挙げられます。

 

一方、電話やメールといった通信機器を用いたアプローチも該当する行為です。

 

その他に、動物の亡骸や汚いものを送付することも対象となります。

 

文書などで中傷を繰り返して、相手の尊厳や名誉を損なうような行動もストーカー行為の一種です。

 

もちろん、相手に不快感を与えるわいせつな行動も禁じられています。

 

性に関する羞恥心を煽る写真などを送りつけるケースが見受けられます。

 

以上が、ストーカー規制法の対象となる代表的な行為です。